鍵開け(鍵紛失)ならお任せください!
0120-968-342
特急鍵レスキュー TOP >  鍵開け(鍵紛失) >  いいカギ屋と悪いカギ屋の見分け方

いいカギ屋と悪いカギ屋の見分け方

いくつか複数のカギ業者に電話をかけてみる

カギを破られたとき、そうでなくとも、用心のために安全なカギに取り替えたいというときに世話になるのが、いわゆるカギ屋です。また、カギをなくしてしまって家に入れないというときも、開錠をカギ屋に頼みます。

タウンページを開けば、カギ屋の名前がずらりと並んでいますが、一般の人にはどれを選んでかいもくいいか、皆目見当がつかないものです。

どこがいいのかわからないから、広告の大きな業者にしたり、家からいちばん近いカギ屋にしたりという人も多いかもしれませんが、適当に選ぶと、あとで料金などをめぐってトラブルが起こらないともかぎりません。

玄関のカギは家の防犯のかなめになるものですから、信頼できる良い業者を選ぶのが大切です。 それには、一つの業者ではなく、いくつか複数のカギ業者に電話をかけてみるのがいいでしょう。

料金を詳細に教えてくれるところを選びましょう

電話をかけたら、まず料金体系を確認します。

以前、家のカギを二重ロックしていたがキーホルダーごとなくしてしまい、カギ業者を呼んだところ、カギ1個ごとに出張料金が課せられたというお客さまがいらっしゃいました。夜遅くであわてていて、ろくに料金の確認もせずに呼んでしまったのでしょう。
お客さまからの電話で、状況をよく確認もせずにやってくるカギ屋には要注意です。高額な出張料金を要求したり、経験の浅い業者である場合が多いのです。事前に、料金を詳細に教えてくれるところを選びましょう。
知識が豊富で良心的なカギ屋は、お客さまのニーズをきちんと聞きとり、防犯性の高いもの、コストを抑えたものなど、条件ごとにいくつか提案をします。
遠慮などせず、しっかり確認しましょう。

>特急鍵レスキューの料金一覧はこちらでご覧頂けます。

作業に入る前に詳しく説明してくれる業者を選びましょう

いざ、出張をお願いして業者が到着。現場を確認後なんの説明もなく作業を始めようとするカギ屋にも注意が必要です。作業完了後に、想定していた金額とは違う金額を請求されて払わざるを得ないというトラブルも珍しくはないからです。状況を確認し、施工方法や作業完了までにかかる時間、料金を説明し、お客さまが納得した上で施工に取り掛かるような業者が信頼できる良いカギ屋といえるでしょう。「施工方法に納得がいかない」「電話で聞いた話と違う」「出張費や追加料金を加えられた」など、少しでも納得出来ない点があれば、しっかり断ることも大切です。
是非この機会に、いいカギ屋と悪いカギ屋の見分け方をしっかりと覚えておきましょう。

ご依頼からサービス完了までの流れ

サービスの流れのイメージ図
0120-968-342

当社は365日年中無休で、土日祝日も受付対応しております。当社作業スタッフが担当エリアを巡回しておりますので、お電話で鍵開け・鍵交換・鍵修理・ドアノブ修理等のご依頼いただいてから最短20分程で駆けつけます。
ご相談・お見積・出張・キャンセル料は一切かかりません。まずはお電話でトラブル状況をお聞かせください。

このページの上へ
0120-968-342