防犯対策アドバイスならお任せください!
0120-968-342
特急鍵レスキュー TOP >  防犯対策アドバイス

空き巣などの防犯対策はプロの鍵屋にお任せ下さい

防犯対策アドバイス

空き巣や強盗に狙われないために鍵周りの防犯対策はもちろん、窓への防犯対策、防犯カメラの取り付けなどはプロの鍵屋さんに相談するのが一番です。お客様がお住まいの地域や環境、お悩み、ご予算をお聞きし、お客様に合った対策をご提案いたします。
出張・お見積り・キャンセル料は無料なので、後日検討していただいてもかまいませんので、お気軽にご相談下さい。

防犯対策アドバイスのお問い合わせ事例

  • お問い合わせ事例01
  • お問い合わせ事例02
  • 補助錠を取り付けたい
  • 防犯カメラを取り付けたい
  • 窓ガラスに防犯フィルムを貼って欲しい
  • 近くに空き巣が入ったので、大丈夫かどうか見てほしい
  • 安くできる防犯対策を教えてほしい
  • 窓に補助錠をつけたい

以下の様な場所や物の防犯対策アドバイスが可能です

  • 住宅・建物

    住宅・建物

    玄関(引き戸・開き戸)/勝手口/門扉/室内ドア(部屋の扉)/トイレ/浴室/窓/物置/倉庫/蔵/駐車場/シャッター/マンションのエントランスや出入り口の扉/郵便ポスト/住宅(戸建て・マンション・アパート)/オフィス・事務所/ビル/店舗 等

  • 金庫

    金庫

    テンキー(電子錠)金庫/ダイヤル式金庫/家庭用金庫/業務用金庫/持ち運び型セーフティーボックス/シリンダーキー式金庫 等

上記以外にもあらゆる物や場所の防犯対策アドバイスに対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

防犯対策アドバイスの料金

基本料金と深夜早朝手数料の説明
防犯対策アドバイス 要ご相談

※料金はすべて税抜表記です。
※上記に記載されてないサービスや正確な料金は、現場にて作業スタッフよりお見積り・ご提示いたします。
※物によっては対応できない場合もございます。予めご了承下さい。

以下のエリアの防犯対策アドバイスに出張いたします

お急ぎの際は、お客様のご依頼場所から一番近いエリアを巡回している担当スタッフが急行いたします。
対応エリアの詳細は、以下のボタンよりご確認頂けます。

他社とはここが違う!4つの強み

ご依頼からサービス完了までの流れ

サービスの流れのイメージ図

あなたの家は大丈夫?自分でできる、わが家の防犯度チェック!

日々の疲れを癒し、安心を与えてくれるマイホーム。しかし、本当に安全なのでしょうか。都市部を中心に空き巣被害は増加し続け、年々被害は拡大しています。狙われやすい・狙われにくい家を把握し、ご自分で防犯チェックしてしっかり対策を施しましょう。
まず、留守がちであること。部屋に誰もいない方が泥棒が入りやすいのは言うまでもありません。次に通りからの見通しが悪い家も有利です。忍び込む際や中での犯行、出る際も目につきにくいため、作業がしやすいからです。そして、鍵や窓が見るからに老朽化していたり、開けやすそうな簡易的な構造のものであるほど、犯行に及びやすいです。また、2階に登りやすそうな、足場となるものが多い家も危険性が高いです。特に、マンションの一階などは絶好の的となってしまうでしょう。
他にも、細かい話ですが、犬などペットがいないところも異常があった際のサインが出されないため、防犯上好ましくありません。また、それとセットとなりますが、近所の目が少ない、という地域・家も非常に危険です。不審な人物が近寄りやすい環境を形成してしまっているのです。
空き巣・泥棒に狙われにくい家は、家の中に常に誰かがいる気配がある、もしくは出入りしている形跡がある、という点が条件としてまず挙げられます。空き巣が何より恐れているのは家の中の遭遇です。塀や壁などが低いため通りから見えやすいというのも防犯上好ましいです。何か怪しい行動をする人が侵入すれば通りから目立ちます。
あとはペット、特に犬が異常を察して吠えるような家はばっちりです。当然ながら泥棒は嫌がります。また、鍵や窓が最新のものであったり、厳重・堅牢なものであると空き巣に侵入されにくいです。特に玄関と窓に防犯カメラがあるなど、システムを導入していると侵入が避けられやすくなります。あとは、ご近所の目が多い地域・地域のコミュニケーションが豊富なエリアは泥棒にとって敬遠したい対象となります。空き巣側も防犯チェックをしていることを念頭に置きましょう。
さあ、マイホームの防犯チェックをしましょう。

[1]夜間は玄関の照明をつけているか
[2]ポストの新聞・郵便物はこまめに出しているか
  溜まっていると留守がちと判断されます。
[3]塀・柵などが高くないか
[4]植木などで外から見えづらくないか   この2点は通りからの見通しの問題です。
[5]ペットや防犯カメラなど対策をしているか
[6]鍵は堅牢か、です。カメラはダミーでも構いません。
[7]外観・特に扉・窓が老朽化していないか。破壊しやすいとまずいので、ご自分で厳しい目での防犯チェックが必要な箇所です。
[8]面している通りに人通りが多いか
[9]ご近所が気になるか。このあたりは中々改善しにくい箇所ではありますが、地域の美化で解決する箇所でもあります。
[10]壁などよじ登りやすい物を置いていないか、も防犯チェックポイントとして重要です。

狙われやすい・狙われにくい条件を踏まえた上で、ご自分で防犯チェックした結果はいかがだったでしょうか。大切なことは防犯チェック項目に従いお金をかけることではなく、例えば地域の結びつきや2階に登りにくくするなど、いかに工夫するかが重要となります。まずは、防犯チェックポイントにあった、「郵便物を溜めない」「夜間は灯りをつける」などご自分で手軽に行える細かいものから始めていきましょう。ホームセンターなど防犯コーナーでもそういった商品はリーズナブルな価格で取り揃えていますので、そういった便利なグッズから徐々に揃えていくと良いでしょう。何も強固な防犯システムを大々的に導入する必要はなく、ちょっとしたところから気をつけて、ご自分の邸宅の形状や構造、そしてまわりの環境を踏まえた上で、広い視野での防犯チェック・対策が必要となります。

このページの上へ
0120-968-342