鍵開け(鍵紛失)ならお任せください!
0120-968-342
特急鍵レスキュー TOP >  鍵開け(鍵紛失) >  スーツケースの鍵開け

スーツケースの鍵開け

スーツケースのイメージ写真

せっかく空港まで来たのにスーツケースの鍵を家に忘れてしまった!そんな大ピンチが起こりうる場合があります。そんなことが起こらないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

TSAってそもそも何?

TSAロックとはアメリカ運輸保安局(Transportation Security Administration)によって認可・容認されたロックで、セキュリティチェックが最も厳しいアメリカで合っても、鍵をかけたまま航空会社に預けることができるロック方法です。このTSAロックの鍵を採用した商品を製造・販売するためには、TSAによる認可・容認が必要です。

アメリカ同時多発テロ以降、爆破物および危険物検査のためにアメリカ国内すべての空港では厳重なセキュリティチェックが行われています。基本空港で荷物を預ける際は鍵を解除した状態で預けることが必須ですが、このTSAロックは専門の職員によってスーツケースやバッグを開け閉めできるため、唯一預ける際に鍵をかけたままにしていいというものです。

ですが、日本と違い海外はかなり緩いため、TSAロックを解除できる職員が休みだったり、TSAといっても11種類の鍵があるので、それに対応した鍵を持ち合わせていなかったりした場合は、鍵ごと壊して開けることがあります。人によっては鍵がついているチャックごと切り取ってしまう場合もあり、スーツケースが開けっ放しの状態で行き先の空港に行ってしまったという話もよくあります。

むしろ鍵はかけないほうがよい?!

鍵はとりあえずかけないほうがやはりよいです。アメリカ以外の渡航では鍵をかける必要はまったくありません。TSAロックはかけても壊される可能性があり、修理しても高くつくためむしろかけないほうが良い場合のほうが多いです。そのため、鍵も何もついていないシンプルなスーツケース用のバンドをかけるのが無難かもしれません。

一番のオススメはラッピングするときによく使う「ビニタイ」です。これをファスナーの穴に通しておくだけで、多少振動してもファスナーが勝手に開くことはありませんし、TSA職員も簡単にあけることができ、開けられた後もほとんどの人がちゃんと戻しておいてくれるようです。値段もかなり安くすむのでぜひ実践みてはいかがでしょうか。

ご依頼からサービス完了までの流れ

サービスの流れのイメージ図
0120-968-342

当社は365日年中無休で、土日祝日も受付対応しております。当社作業スタッフが担当エリアを巡回しておりますので、お電話で鍵開け・鍵交換・鍵修理・ドアノブ修理等のご依頼いただいてから最短20分程で駆けつけます。
ご相談・お見積・出張・キャンセル料は一切かかりません。まずはお電話でトラブル状況をお聞かせください。

このページの上へ
0120-968-342