防犯対策アドバイスならお任せください!
0120-968-342
特急鍵レスキュー TOP >  防犯対策アドバイス >  一人暮らし高齢者を、詐欺や空き巣被害から守る方法

一人暮らし高齢者を、詐欺や空き巣被害から守る方法

高齢者を狙っての詐欺や電話、訪問販売

一人暮らし高齢者を、詐欺や空き巣被害から守る方法

少子高齢化により一人暮らしの高齢者が増えています。家を留守にしている時だけでなく、在宅の時でも侵入者や詐欺による被害は増えているので、そういったトラブルから自分の身を守るためにも防犯対策はしっかり行いましょう。

若い年代の人は通勤が便利な街の中心部に住むことが多いため、郊外の地域は高齢者だけが住んでいるようなことが少なくありません。ですからひったくりや侵入窃盗などの被害に合いやすくもなってしまいます。高齢者や一人暮らしが多いような集落はターゲットにされやすいので、暗い夜だけでなく昼間もちゃんと防犯をするようにしましょう。また、高齢者を狙って詐欺の訪問販売や電話なども多くなっているので、知らない人であれば良い人そうであってもすぐに信用しないようにすることも大事です。まずは疑うことが大切で、すぐに自分だけで決断しないようにも注意しましょう。折り返し電話をして詐欺ではないか確認するのもいいでしょう。

侵入者は住んでいる人が油断している時を狙ってくる

侵入者というのは住んでいる人が油断している時にやってくるものです。ですからあまり人が通らないような時間帯は家の窓なども開けず、家にいても鍵をかけておくというのもいいでしょう。また、田舎の大きな家で死角となる場所があるのであれば、センサーなどを付けておくのもいいでしょう。また、一人暮らしの場合は一人暮らしだとわからないようにするために家族の洗濯物をわざと干しておくといいです。女性の一人暮らしでは男ものの洗濯物を干すと良いと言われていますが、高齢者も同じように自分以外の洗濯物を干すようにするといいでしょう。費用をかけることなく効果的な侵入者を防ぐ防犯対策にもなります。

外出時の行動にも注意が必要です

犯罪トラブルに巻きこまれないようにするためには、侵入者を防ぐための防犯対策も必要ですが、自分自身がしっかりするということも大事です。バッグを持ち歩いて外出するような時も、バッグの口は開いたままにするのではなく、ちゃんとチャックで閉めるようにもしましょう。また、壁や塀があるほうにバッグをもって歩くようにし、バックを奪えるような隙間をつくらないということも大事です。そして、自転車に乗る時は必ず防犯ネットを前かごにつけてから荷物をのせるようにもしましょう。そういった小さな心がけがひったくりを防ぐことにもなります。また、詐欺に合わないためには、知らない電話番号には出ないというようにするのもいいです。

一人暮らしの高齢者を犯罪から守る為には、
家族やコミュニティの目が必要

家族と一緒に住んでいる人は家が無人になる時間も少ないですし、助けも呼びやすいので安心ですが、高齢者や一人暮らしの人は自分以外いないので昼間でも夜でも不安になることがあるでしょう。また、高齢者の場合はとっさの時叫び声を出せないことも多いので、防犯ブザーを見につけておくと良いです。また、一人暮らしの高齢者は定期的に知り合いや近所の人と会う機会を設けるというのもいい方法です。近所で起きている事件などは一人で暮らしていると耳にもはいりにくいですし、小さいことであればニュースにもならないので不安です。住宅で侵入しやすいところがないか近所に指摘してもらうのもいいでしょう。

高齢者の場合、最新の防犯システムや犯罪にうといことも多いので、詐欺にひっかかったりトラブルに巻きこまれてしまうこともあります。また、困っている人には親切にしてあげるという精神も身についているので、疑いもなくお金を渡してしまうようなこともあります。ですからまずは家族や知人などの信用できる人から高齢者にアドバイスをしてあげることが大事でしょう。訪問販売などはまずは身内に聞いてから契約書をかわすなど、誰かに相談してから決めるようにしましょう。また、詐欺の場合は考える時間を与えないようにすぐに決断させようとしますが、すぐに決断が必要な場合も必ず誰かに相談するように言っておきましょう。

ご依頼からサービス完了までの流れ

サービスの流れのイメージ図
0120-968-342

当社は365日年中無休で、土日祝日も受付対応しております。当社作業スタッフが担当エリアを巡回しておりますので、お電話で鍵開け・鍵交換・鍵修理・ドアノブ修理等のご依頼いただいてから最短20分程で駆けつけます。
ご相談・お見積・出張・キャンセル料は一切かかりません。まずはお電話でトラブル状況をお聞かせください。

このページの上へ
0120-968-342