防犯対策アドバイスならお任せください!
0120-968-342
特急鍵レスキュー TOP >  防犯対策アドバイス >  金庫(テンキー/ダイヤル/シリンダー)鍵開けに出張

金庫(テンキー/ダイヤル/シリンダー)鍵開けに出張

強盗や泥棒から資産を守るはずの金庫がトラブルの原因に!

強盗や泥棒から資産を守るはずの金庫がトラブルの原因に!

金庫と一言言っても数の多くの種類やタイプがあります。大きく分けても家庭用金庫・業務用金庫があり、タイプも手提げから防水防火金庫多岐に渡ります。さらに肝心の鍵の形状ともなればカードキーやテンキー・シリンダーキー、ダイヤル式と種類も多いのはもちろん、鍵の仕組みも日々進化をしているためより高度に電子やデジタル化あり、より複雑になっています。

火事や空き巣などの「万が一」に備えて、通帳や銀行通帳、現金などを保管する金庫ですが、その鍵が開かない・パスワードを忘れてしまったというトラブルが多く発生しています。備えあれば憂いなしと準備した金庫の鍵が開かなくて困ってしまったというのは、なんとも逆説的な話ですが、鍵で多くのお問い合せを頂くトラブルの一つです。もし金庫を開けたいけど開けられない状況に陥った時、みなさんならまずどのような対処法を考えるでしょうか?何かの工具を使って無理矢理にでもこじ開けようと試みる。コンクリートにぶつけて開くか試すなど、まずは自分で何とかしようとする方も少なくありません。ただ自己対処はおすすめしません。なぜなら間違った対処をしてしまったために鍵が壊れて開錠が難しくなったりすることもあるためです。ただそもそも知識のない方が自己対処で解錠できてしまう金庫であればその機能は果たされていないも同然です。

何かのトラブルで金庫が開かない時は、プロの鍵屋に相談するのはやはり得策です。当社含め出張やお見積が無料の出張鍵屋も多くありますので、専門家にご相談頂き、判断することをおすすめしています。金庫の鍵を紛失したなどの思わぬトラブルの時は、気が焦ってしまいがちですが、開かない金庫はこの世に存在しないと言っても過言ではありませんので、まずは落ち着いた対応をするのが問題解決の第一歩です。

年中無休365日受付の出張専門鍵屋が力になります。

金庫の鍵を紛失してしまった、鍵穴の中で折れてしまった、開錠に必要な暗証番号・ダイヤル番号を忘れてしまった、親族の金庫だったが亡くなってしまい開け方が誰にも分からない、掃除中に蔵の中から古い金庫が見つかった、シリンダーキーはあるがテンキーの番号がわからない、ダイヤルキーの壊れて開かなくなったなど家庭用・業務用のあらゆる金庫のトラブル解決はお任せ下さい。貴重品管理の金庫開けの解決は出張の鍵屋が便利です。

お問い合せから作業スタッフ出動まで最短5分!もちろん日時・時間指定も承ります。現地にて詳細をお伺いしてお見積をご提示致します。内容にご納得頂いたら作業を開始いたします。どのような症状・状況かなど分からないことがあればお伺いするサービススタッフまでお申し付け下さい。出張・お見積は無料、また後日検討となった場合でもキャンセル料は頂きません。金庫の鍵開け技術とサービスのスタッフの質には自信があります!お困りの際は何でもご相談下さい。

ご依頼からサービス完了までの流れ

サービスの流れのイメージ図
0120-968-342

当社は365日年中無休で、土日祝日も受付対応しております。当社作業スタッフが担当エリアを巡回しておりますので、お電話で鍵開け・鍵交換・鍵修理・ドアノブ修理等のご依頼いただいてから最短20分程で駆けつけます。
ご相談・お見積・出張・キャンセル料は一切かかりません。まずはお電話でトラブル状況をお聞かせください。

このページの上へ
0120-968-342